快捷搜索:

G20会合、エネルギー安全保障の強化で合意

        
2019-06-17 17:45 | CRI

  日本の長野県で行われていた、20カ国・地域(G20)のエネルギー・環境相会集が16日に閉幕しました。エネルギー安然保障の強化で合意し、海洋プラスチックごみの削減、高レベル放射性廃棄物の合营処理に関する合营声明が採択されました。

  日本の世耕弘成経済産業大年夜臣は、閉幕後の記者会見で、「ホルムズ海峡付近で発生したタンカーの襲撃事故を踏まえ、G20はエネルギー市場の安然、安定の維持に力を入れることの紧张性で共通認識に達し、エネルギー安然保障を強めることで合意した」と述べました。

  声明では、「海洋プラスチックごみの削減に関する国際枠組みを設け、各国は行動計画の進捗を按期報告し、互いにモニタリングした上でプラスチックごみの削減に努めていく」としています。

  さらに、「高レベル放射性廃棄物の最終処理をめぐり、専門の国際会議を開く。各国は核廃棄物の処理、処分場を一緒になって選び、関連知識と経験を分かち合い、各国の钻研協力や人的交流を匆匆していく」としています。(Yan、森)

您可能还会对下面的文章感兴趣: